ブランド バッグ コレクション > ルイ・ヴィトンのバッグ TOP

メインコンテンツ




新着情報
ルイ・ヴィトンのバッグの最新情報です
 
ルイ・ヴィトンの歴史
3世紀にわたる名門ブランド
 
ヴィトンのバッグのお手入れ
バッグの修理やクリーニングについて
 
ヴィトンの偽物について
騙されないための基礎知識
 
ルイ・ヴィトンのデザイナー
Louis Vuittonを支えるクリエイター
 
ルイ・ヴィトンのアウトレット
お得なアウトレット情報をご提供
 
全国のショップリスト
全国のルイ・ヴィトン店舗情報
 
ルイ・ヴィトンの豆知識
これでアナタもLV通?
 
ルイ・ヴィトンの関連サイト
ルイ・ヴィトンの公式サイトなど
 
当サイトについて
当サイトの概要など
 


ライン別INDEX

モノグラム
日本の家紋をヒントに生まれた大人気ライン
ダミエ
大人の雰囲気が漂うLV伝統のライン
エピ
豊富なカラーで女性に大人気
タイガ
Louis Vuitton初のメンズライン
スハリ
独特の質感が特徴的
ノマド
エレガントな艶のあるライン
ユタ
クラシックなイメージのメンズライン
アンティグア
Louis Vuitton初のオール・キャンバス ライン
マヒナ
ソフトなカーフにモノグラムのパンチング
オナタ
ルイヴィトン初のスウェードバッグ
トバゴ
高級感が漂うメンズライン
クルーズコレクション
毎年X'masに向けて発表されるコレクション


PICK UP

最新の記事

ニコラ・ジェスキエール Nicolas Ghesquiere

ニコラ・ジェスキエール(NicolasGhesquiere)は1971年、南仏プロヴァンスに生まれました。
彼はファッション専門学校等で正規の教育は受けていません。 デザインに目覚めたのは11歳頃。母親の読んでいたファッション雑誌に刺激され、自身でスケッチを描くようになりました。 両親に褒められ自信をつけたジェスキエールは、15歳のとき有名ブランド各社にスケッチのサンプルを送りつけていきます。 するとパリのアニエスべー(agnes b.)から、夏休みのあいだ働いてみないかと誘いが来たそうです。
高校卒業後、19歳でジャンポール・ゴルチエ(Jean PaulGAULTIER)の元で働き始め、 2年間ゴルチェのニット部門のアシスタントデザイナーを務めます。その後、ティエリー・ミュグレー、ステファン・ケリアン、トラサルディでヘッドデザイナーを任されることに。
21歳で独立したジェスキエールは、95年頃からフリーランスでバレンシアガ(Balenciaga)の極東のライセンス・ライン向けのデザインを手がけることになります。
97年、ジョセフュス・ティミスターの後任としてバレンシアガのクリエイティブ・ディレクターにわずか26歳で抜擢され、98春夏コレクションで衝撃的なデビューを飾ります。
2000年、VHI・ヴォーグファッション・アワードで「アバンギャルド・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」受賞。
2001年、CFDA(アメリカファッション協議会)のインターナショナル・デザイナー・アワード(国際賞)と「ウーマンズ・ウェア・オブ・ザ・イヤー」受賞。
2006年にはタイム誌により「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、2007年にフランス政府からシュヴァリエ勲章を授与されています。
2013年、バレンシアガのデザイナーを辞任(後任にはアレキサンダー ワンが就任)。 ジェスキエールは「僕は(低迷する)バレンシアガを救ったが、バレンシアガにも(ファッションデザイナーとして)救われた」とコメントを残しています。
2013年10月5日、ルイ・ヴィトン ウィメンズ・コレクション アーティスティック・ディレクターに就任。
就任に際して 「私にとってルイ・ヴィトンは常に究極のラグジュアリーのシンボルであり、革新と未知の世界への探検を象徴する存在となっています。 私は今回このミッションをいただいたことをとても光栄に感じると同時に、この偉大なメゾンの歴史の一端を担うことを誇りに思います。 私たちは共通の価値とヴィジョンを共有しています。メゾンのチームの一員となることが待ち遠しくてたまりません。 私たちはともに、ブランドが過去から受け継ぐ貴重な遺産を守りながら、未来を築いていきます。」ニコラ・ジェスキエールはこのようにコメントしています。
サイト内検索

ルイ・ヴィトンの財布 ~アウトレットから新作まで~
↑ヴィトンの財布はこちら
注目のアイテム


INFORMATION
ブランドINDEX
CONTENTS
  • ルイ・ヴィトンの歴史
  • ルイ・ヴィトンのアウトレット
このサイトはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。