ブランド バッグ コレクション > ルイ・ヴィトンTOP > ダミエ

ダミエ


ダミエ DAMIER
LV ダミエのバッグ一覧
Louis-Vuitton DAMIERの主要コレクション一覧
アズール,グラフィット,ジェアン etc
DAMIERラインの素材別お手入れ方法
ダミエ・キャンパスのお手入れ方法
ダミエ・ジェアンキャンパスのお手入れ方法

ダミエ DAMIER

日本の市松模様からインスピレーションを受けて作られた 大人の雰囲気が漂うデザインが特徴的なルイ・ヴィトンダミエ・ライン
その歴史はモノグラム・ラインより古く、1888年にジョルジュ・ヴィトンが ベージュ×茶褐色のチェス盤にLouis Vuittonの銘が入ったデザインを考案したのが始まりです。
ところが、商標登録されていたにもかかわらず簡単な紋様であったためにコピー商品が出回ることとなり、 モノグラム・ラインがヴィトンの主力商品となって以降、廃番となっていました。

しかし1996年、モノグラム生誕100周年を記念して、限定版として復刻。
1998年には、ルイ・ヴィトンのプレタポルテのデザイナー、マーク・ジェイコブスによって 定番ラインとなりました。

上質のエジプト綿に塩化ビニール加工を施した表面のトアル地素材はモノグラム・ラインでも採用されおり、 色調もベージュ×茶褐色と踏襲されています。
価格やシルエットなどはモノグラム・ラインと基本的に変わりはありませんが、デザイン的には全く異なったものとなっています。

ダミエのバッグの内側には、真っ赤なアルカンタラ素材が採用されています。
このアルカンタラ素材は、髪の毛の約100分の1の細さの繊維を天然スエードと同じ構造に絡めて作った人工スエードで、 この素材のソフトな感触がより高級感を引きたてています。

2007年に明るい色彩の白×青のダミエ・アズールが登場。
2008年にはシックな黒×グレーのダミエ・グラフィットが登場しました。
また、従来のベージュ×茶褐色のモデルは正式にはダミエ・エベヌという名称ですが、 単にダミエと呼ぶ場合はこのモデルを指します。
さらに素材違いのダミエ・ジェアンといったコレクションもあります。



Louis-Vuitton DAMIERの主要コレクション一覧
 ┣ダミエ・アズール
 ┣ダミエ・グラフィット
 ┗ダミエ・ジェアン

LV ダミエのバッグ一覧

目の保養にどうぞ♪

ルイ・ヴィトン ダミエのコレクション一覧

新作を見る
ルイ・ヴィトン ダミエの新作バッグはこちら

価格別に見る
              ~ 30,000円のダミエはこちら
  30,001~  50,000円のダミエはこちら
  50,001~100,000円のダミエはこちら
100,001円~             のダミエはこちら

ダミエ・キャンパスのお手入れ方法

ルイ・ヴィトンのダミエ・ラインは、1888年より数年間トランクに用いられていた市松模様のキャンバスを現代に蘇らせたものです。 落ち着いた優美さと幾何学的なモチーフがいつの時代にも新しい魅力を発揮します。 ダミエ・ラインのバッグには、トラベルバッグやシティバッグ等が揃っています。

お手入れと保管
  • 温度や湿度が高く、風通しが悪い場所での保管・放置は避けてください。接着剤やエッジの塗料が緩み、表面の波打ちや色落ちの原因となります。 特に直射日光が当たる車内や暖房器具のそばなど、高温になる場所には短時間でも放置しないようにしましょう。
     
  • 雨等で濡れた場合には、柔らかい布で水分を拭き取った後、影干ししてください。
     
  • バッグを保管の際には、防虫剤を使用しないでください。
     
  • ダミエ・ラインのキャンパス地は丈夫で傷が付きにくい素材ですが、クロームなめし後に染色されたエボニー・レザーは、 皮革の性質上、摩擦や水濡れ、汗などが色落ちやシミの原因になることがあります。淡色の衣類をお召しの際や雨の日のご使用は特に注意が必要です。
     
  • エボニー・レザー部分のお手入れの方法として、バッグ表面の光沢が失せてきた場合、専用のクリームを柔らかい布に付けて薄くムラなく塗ることをお勧めいたします。

ダミエ・ジェアンキャンパスのお手入れ方法

ルイ・ヴィトンのダミエ・ジェアンラインのバッグは、アルピニストが命綱として使用するロープと同じ素材が用いられており、軽量で耐久性に優れています。 ビジネスやトラベル、レジャーまで、多様なシーンで活躍するバッグが豊富に揃っています。

お手入れと保管
  • キャンパス素材の性質上、時の経過とともに生地が変色することがあります。また、使用環境や保管環境によっても変色することがあります。
     
  • 使用している内にキャンパス地の表面が多少ほつれたように見えることがありますが、素材の特性であり耐久性に問題はありません。
     
  • 温度や湿度が高く、風通しが悪い場所での保管・放置は避けてください。 特に直射日光が当たる車内や暖房器具のそばなど、高温になる場所には短時間でも放置しないようにしましょう。
     
  • バッグを保管の際には、防虫剤を使用しないでください。
     
  • ダミエ・ジェアンキャンパスは水をはじきやすくする撥水加工が施されていますが、長時間の水の接触に耐えるものではありません。 雨等で濡れてしまった場合は、水気をよく拭き取って型崩れしないよう形を整えた後、影干ししてください。
     
  • ダミエ・ジェアンのバッグで使用されている金具はアルミニウム製のため時の経過とともに酸化し、くすむという特性があります。 お手入れの際は、濡らした後固く絞った柔らかい布で革部分を濡らさないよう気をつけて拭いてください。
サイト内検索

ルイ・ヴィトンの財布 ~アウトレットから新作まで~
↑ヴィトンの財布はこちら
注目のアイテム


INFORMATION
ブランドINDEX
CONTENTS
  • ルイ・ヴィトンの歴史
  • ルイ・ヴィトンのアウトレット
このサイトはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。