ブランド バッグ コレクション > ルイ・ヴィトンTOP > ルイ・ヴィトンのデザイナー

ルイ・ヴィトンのデザイナー


ニコラ・ジェスキエール
Nicolas Ghesquiere
マーク・ジェイコブス
Marc Jacobs
キム・ジョーンズ
Kim Jones

ニコラ・ジェスキエール Nicolas Ghesquiere

ニコラ・ジェスキエール(NicolasGhesquiere)は1971年、南仏プロヴァンスに生まれました。
彼はファッション専門学校等で正規の教育は受けていません。 デザインに目覚めたのは11歳頃。母親の読んでいたファッション雑誌に刺激され、自身でスケッチを描くようになりました。 両親に褒められ自信をつけたジェスキエールは、15歳のとき有名ブランド各社にスケッチのサンプルを送りつけていきます。 するとパリのアニエスべー(agnes b.)から、夏休みのあいだ働いてみないかと誘いが来たそうです。
高校卒業後、19歳でジャンポール・ゴルチエ(Jean PaulGAULTIER)の元で働き始め、 2年間ゴルチェのニット部門のアシスタントデザイナーを務めます。その後、ティエリー・ミュグレー、ステファン・ケリアン、トラサルディでヘッドデザイナーを任されることに。
21歳で独立したジェスキエールは、95年頃からフリーランスでバレンシアガ(Balenciaga)の極東のライセンス・ライン向けのデザインを手がけることになります。
97年、ジョセフュス・ティミスターの後任としてバレンシアガのクリエイティブ・ディレクターにわずか26歳で抜擢され、98春夏コレクションで衝撃的なデビューを飾ります。
2000年、VHI・ヴォーグファッション・アワードで「アバンギャルド・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」受賞。
2001年、CFDA(アメリカファッション協議会)のインターナショナル・デザイナー・アワード(国際賞)と「ウーマンズ・ウェア・オブ・ザ・イヤー」受賞。
2006年にはタイム誌により「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、2007年にフランス政府からシュヴァリエ勲章を授与されています。
2013年、バレンシアガのデザイナーを辞任(後任にはアレキサンダー ワンが就任)。 ジェスキエールは「僕は(低迷する)バレンシアガを救ったが、バレンシアガにも(ファッションデザイナーとして)救われた」とコメントを残しています。
2013年10月5日、ルイ・ヴィトン ウィメンズ・コレクション アーティスティック・ディレクターに就任。
就任に際して 「私にとってルイ・ヴィトンは常に究極のラグジュアリーのシンボルであり、革新と未知の世界への探検を象徴する存在となっています。 私は今回このミッションをいただいたことをとても光栄に感じると同時に、この偉大なメゾンの歴史の一端を担うことを誇りに思います。 私たちは共通の価値とヴィジョンを共有しています。メゾンのチームの一員となることが待ち遠しくてたまりません。 私たちはともに、ブランドが過去から受け継ぐ貴重な遺産を守りながら、未来を築いていきます。」ニコラ・ジェスキエールはこのようにコメントしています。

マーク・ジェイコブス Marc Jacobs

マーク・ジェイコブスは1963年、ニューヨークでユダヤ系アメリカ人の家系に生まれました。
1981年にニューヨークのハイスクール・オブ・アート・アンド・デザインを卒業。 その後、ニュージャージー州のティーネックで母と暮らしながらニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザインに通いました。

1986年に「マーク・ジェイコブス」ブランドで初のコレクションを開催。 1987年にはCFDA(アメリカ・ファッションデザイナー協会)の新人賞を最年少で受賞しました。

1988年からペリー・エリス(PERRY ELLIS)でレディーススポーツウェア(カジュアルウェア)のデザインを担当。 素材を生かしたレイヤードデザイン、「グランジ・コレクション」をペリー・エリスのコレクションで発表し好評を博し、 1992年にCFDAより「ウーマンズ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

しかし、保守的なペリー・エリスの顧客にはマーク ジェイコブスのデザインは受け入れられず、 コレクションラインは終了することとなり契約中に解雇となりました。

1996年、セカンドライン「マーク ジェイコブス・ルック」をスタート。

そして1997年、ルイ ヴィトンのレディースウェア、メンズウェア、アクセサリー全般を統括する アーティスティック・ディレクターに就任。
1998年秋冬のパリ・プレタポルテ・コレクションでルイ ヴィトンのレディースコレクションラインがデビューし、 ルイヴィトンがバッグブランドから一流のファッションブランドに成長することに大きく貢献しました。

2001年春夏より自身のコレクション「マーク バイ マークジェイコブス」がスタート。
LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループが資本参加したことで マーク ジェイコブスのブランドは世界的ブランドへと発展しました。
また、2003年春に日本人アーティスト村上隆とコラボレートしたモノグラム・ラインのバッグを発表。 「kawaii(カワイイ)」という言葉が世界的に広まりました。

2014春夏コレクションをもって自身のブランド「MARC JACOBS」に専念するためルイヴィトンのアーティスティック・ディレクターを辞任しました。

キム・ジョーンズ Kim Jones

キム・ジョーンズは1973年にイギリスで生まれました。
1998年にカンバーウェル大学でグラフィックデザイン学士号を取得し、2001年、セントマーチンズを卒業。

2004年、アンブロとコラボレートした UMBRO CONTRAST BY KIM JONESを展開し、春夏のロンドンコレクションでデビューしました。

2006年にBFC(英国ファッション協議会)のメンズウェア デザイナー オブ ザ イヤーを受賞。

2008年、dunhill(ダンヒル)のクリエイティブ・ディレクターに就任し、 2011年春夏コレクションまでメンズウェアとレザーアクセサリーのデザインを統括していましたが、 2010年9月に「新しいクリエイションへチャレンジするため」という理由でダンヒルを離れました。

そして2011年3月、それまで務めていたポール・ エルバースに代わり ルイ・ヴィトンのメンズディレクター(Design director ready to wear homme)に就任。

現在、マーク・ジェイコブスと共同でルイ・ヴィトンのメンズ商品を手掛けています。
サイト内検索

ルイ・ヴィトンの財布 ~アウトレットから新作まで~
↑ヴィトンの財布はこちら
注目のアイテム


INFORMATION
ブランドINDEX
CONTENTS
  • ルイ・ヴィトンの歴史
  • ルイ・ヴィトンのアウトレット
このサイトはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。