ブランド バッグ コレクション > ルイ・ヴィトンTOP > タイガ

タイガ



タイガ TAIGA

LV タイガのバッグ一覧

タイガ・レザーのお手入れ方法

タイガ TAIGA

1993年、ルイ・ヴィトン初のメンズラインとして登場したタイガ・ライン
タイガとはカナダ北部やロシア北部一帯の森林地帯を意味しており、当時の人気カラー「エピセア」はその森林をイメージさせる深いグリーンでした。

上質なカーフレザーにグレイン(型押し)を施したルイ・ヴィトンならではの洗練されたスタイルで、非常に細かい模様が型押しされており、ツヤ消しのような感じになっています。
どちらかといえば重厚な佇まいながら手にすると意外なほど軽く、機能性も考え抜かれた使い勝手のいいバッグに仕上がっています。

人気カラーのエピセアをはじめ、グリズリ(ダークブラウン系の色)、アルドワーズ(チャコールグレーに近い色)の3色を軸に展開されてきましたが、今年の2月、シックな「ボレアル」、クールなグレイの「グラシエ」、ライトなベージュの「ポレール」の3色が新たにラインナップされました。

ビジネスユースに最適なラゲージとして安定した人気を誇ってきたLOUIS-VUITTONのタイガ・ラインのバッグ。
新色が加わりカジュアルなスタイルを好む方のニーズにも応えるコレクションとなっています。

LV タイガのバッグ一覧

目の保養にどうぞ♪

ルイ・ヴィトン タイガのコレクション一覧

価格別に見る
              ~ 30,000円のタイガはこちら
  30,001~  50,000円のタイガはこちら
  50,001~100,000円のタイガはこちら
100,001円~             のタイガはこちら

タイガ・レザーのお手入れ方法

厳選された上質で柔らかいカーフレザー(牛革)に上品なグレイン(型押し)を施し、ルイ・ヴィトンの持つ技術を駆使して作られるタイガ・ライン。 シティバッグをはじめ、トラベル用、ビジネス用といったバッグが揃っています。

お手入れと保管
  • 皮革の性質上、摩擦・水濡れ・汗等により、バッグ本体及びショルダーストラップから色落ちすることがあります。 淡色の衣類をお召しの際や雨の日の使用については特に注意が必要です。万が一濡れた場合は、白色系の柔らかい布で水分をよく取り、影干ししてください。
     
  • 温度や湿度が高く、風通しが悪い場所での保管・放置は避けてください。接着剤やエッジの塗料が緩み、表面の波打ちや色落ちの原因となります。 特に直射日光が当たる車内や暖房器具のそばなど、高温になる場所には短時間でも放置しないようにしましょう。
     
  • バッグを保管の際には、防虫剤を使用しないでください。
     
  • 汚れが付いた場合は、柔らかい布で拭き取ってください。
     
  • お手入れの方法として、バッグ表面の光沢が失せてきた場合、専用のクリームを柔らかい布に付けて薄くムラなく塗ることをお勧めいたします。
サイト内検索

ルイ・ヴィトンの財布 ~アウトレットから新作まで~
↑ヴィトンの財布はこちら
注目のアイテム


INFORMATION
ブランドINDEX
CONTENTS
  • ルイ・ヴィトンの歴史
  • ルイ・ヴィトンのアウトレット
このサイトはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。